豊川3G1Aでの残留が劇的すぎて…降格チームの選手は“不正”を疑う(フットボールチャンネル)

現地時間11日にベルギー1部リーグ第30節の試合が行われ、オイペンがムスクロンに4-0の勝利を収めた。この結果、オイペンは最下位を脱出して1部残留を決め、最下位に転落したメヘレンが2部降格を強いられることになった。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 最下位でレギュラーシーズン最終節を迎えたオイペンと、勝ち点で並んで得失点差で1点リードしていたメヘレン。ワースラント=べフェレンと対戦したメヘレンは57分までに2点のリードを奪い、その時点でスコアレスだったオイペンが3点差勝利を収めない限りは残留できるという圧倒的優位に立った。

 だが、交代で投入された豊川が状況を一変させた。73分から80分までの7分間で2ゴール1アシストを記録して状況をひっくり返すと、89分にもハットトリックとなるチームの4点目を追加。最終的に得失点差で1点上回ったオイペンが残留を決めた。

「(オイペンは)70分までは0-0で、僕らは2-0でリードしていた。だがオイペンは20分間で突然4点を奪った。単純にスキャンダラスなことだと思う」とメヘレンのFWニコラ・ヴェルディエは試合後にコメントしている。ベルギー『HLN』などが伝えた。

 31歳のフランス人FWは、ムスクロンのプレーぶりに疑いの目を向けているようだ。「聞いた話によれば、ムスクロンはリーグへのリスペクトを欠いていた。プロ意識の欠如であり、クラブのイメージを損なうものだ。事実関係が調査されてほしいと思う」と不満を口にしている。

コメントは受け付けていません。