坂本花織SP5位発進「今までで1番良かった」(日刊スポーツ)

<ピョンチャン五輪:フィギュアスケート>◇21日◇女子ショートプログラム(SP)

 4大陸選手権で優勝の坂本花織(17=シスメックス)はSP73・18点で自己ベストを更新し5位となった。

 坂本は冒頭のレイバックスピン、ステップを華麗また丁寧に披露。終盤から3回転フリップ-3回転トーループも見事に着氷し決めた。その後の3回転ループ、ダブルアクセルもミスなく成功させた。演技を終え場内の声援に笑顔で応えた。演技後はガッツポーズ。笑顔で観客に手を振り、キスアンドクライに向かった。

コメントは受け付けていません。