「やりづらい!」巨大優勝トロフィーをかけ越境・異色タッグが激突 BASARA「IRON FISTタッグトーナメント」開催(AbemaTIMES)

団体コンセプトが“男子校の運動部”“少年マンガの世界観”と言われるプロレスリングBASARAが活気づいている。

DDTグループのブランドであるBASARA。旗揚げ以降、DDT本隊とは一線を引き、不定期で単発の選手参戦が行なわれる程度だった。だが今回、DDTのKO-D6人タッグ王者である酒呑童子(KUDO&坂口征夫&高梨将弘)の挑発を受けて関根龍一、中津良太、阿部史典が2.25DDT後楽園ホール大会に乗り込むことに。BASARAにDDTのベルトが移動する可能性が出てきた。
また大日本プロレスでは、塚本拓海が竹田誠志とタッグ王座を奪取。加えて今年からBASARA所属になった阿部史典のジュニア王座挑戦も決定。関根龍一はデスマッチヘビー級タイトルに挑戦する。

他団体での動きが目立つ中、BASARAの興行ではIRON FISTタッグトーナメントが2度目の開催。2月11日の王子ベースメント・モンスター大会で1回戦、2月19日の新木場1st RING大会で準決勝・決勝が争われる。

コメントは受け付けていません。