今年のドラフトの目玉 大阪桐蔭・根尾昂を中日が捕手で獲得プラン(東スポWeb)

中日が今年のドラフト会議でミラクルプランを練っている。早くもドラフト1位間違いなしの呼び声高い大阪桐蔭の根尾昂内野手兼投手(17)を「捕手として獲得できないか」(編成幹部)と模索しているのだ。

 次世代を担う若手捕手の獲得は中日にとって大きな課題。昨年のドラフトでは広陵の中村奨成捕手(18)を1位指名したが、クジで広島に敗れた。「実は中村奨の1位は夏の甲子園大会前にスカウトと現場でほぼ決めていた。甲子園であそこまで(6本塁打)打たなければおそらく広島も1位で来なかったんじゃないか」と編成幹部は振り返る。

 中村奨を中日がそこまで高く評価したのはフットワークの良さとずばぬけた強肩に飛ばす力だ。「捕手としてはとにかく肩が良いのが一番。それに一発があること。(打)率は残せなくても(8番の)捕手に長打があると走者がいる場面では二死でも簡単に勝負できない。歩かせて投手勝負となる。これがチームにとっては大きい。中村奨は3打席ノーヒットで凡退しても、4打席目でとんでもない大きな本塁打を打つ。そこが魅力だった」(同幹部)

 中村奨を逃したことで「今年は絶対に獲らないといけない」と高校生捕手に改めてターゲットを絞っている。現段階の有力候補は早実の野村大樹捕手だが「打撃はいいけど肩はそこまで強いわけじゃない」(同幹部)ことがネック。そこで根尾だ。

 大阪桐蔭では投手、遊撃手、外野手とマルチな才能を見せるセンスの塊。捕手こそやっていないが、転向すればすぐにでも対応できるだろう。強肩、フットワークの良さ、長打力も併せ持つ。

コメントを残す