青木真也、朝青龍戦へのオファーまだ来ず!「いつでも投げられるように肩だけは作っておきます」(AbemaTIMES)

こんにちは。青木真也です。準備万端です。

突然ですが中国に来ています。それというのもプロレス団体IGFの中国ブランド「東方英雄伝」にてコーチを依頼されたのです。わかりやすくいうのならば山本小鉄役です。まだ目は死んでいませんよ。中国といっても都市によって違うのだとは言いますが、中国を今、触っておく意味はあるかときました。

僕がいるのはシンセン、香港に近い都市です。シンセン自体は経済発展している都市なのですが、僕が滞在しているのはシンセンの地下鉄の端なのでローカルです。海外遠征にも慣れていて、不便を感じることはないはずの僕が、割とストレスを感じているので、「青木真也感じる中国」を書いていきます。

中国に来て、一番の不便はインターネットに規制がかかっていてグーグル、facebook、YouTube、twitter、LINEが使えないことです。実際にこの場に置かれてみてなのですが、思った以上に辛く、日本との仕事のやりとりに苦労しています。日本から持ち込んだWi-Fiは中国の規制がかからないようなので、スタッフのWi-Fiを数分借りてチェックするようにしています。ここは舐めていかないほうがいい。対策ソフトもあるようなので、中国に行く方は対策をお勧めします。

コメントを残す