2018年のACL組み合わせが決定!J王者の川崎Fは蔚山現代と同組…天皇杯覇者は強豪揃いのグループに(GOAL)

アジアサッカー連盟(AFC)は6日、マレーシアのクアラルンプールでAFCチャンピオンズリーグ2018(ACL)のグループステージ組み合わせ抽選会を行った。

美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

JリーグからはJ1初優勝を果たした川崎フロンターレ、2位の鹿島アントラーズ、3位・セレッソ大阪の出場が決定している。C大阪は天皇杯でベスト4に残っており、優勝した場合はグループステージから出場し、リーグ4位の柏レイソルがプレーオフ出場権を獲得する。C大阪が天皇杯で優勝を逃せば、プレーオフからの出場となる。

抽選の結果、川崎FはグループFに入り、蔚山現代(韓国)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)とプレーオフ勝者と対戦することが決定。

日本の第2代表となる天皇杯優勝チームはグループGとなり、広州恒大(中国)、済州ユナイテッド(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)のグループに入る。さらに、リーグ2位の鹿島はグループHでシドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)、プレーオフ勝者の組に入った。

2枠がプレーオフ勝者の組となったグループEは、全北現代(韓国)と傑志(香港)とプレーオフ勝者2チームが同居。日本勢のプレーオフ出場チームが勝利した場合は、このグループに入ることになる。

日本勢のプレーオフは、2018年1月30日に開催され、東地区のグループステージ第1戦は2月13日、14日に開幕する。

グループEからHのチームは以下の通り。

■グループE
全北現代(韓国)
傑志(香港)
プレーオフ勝者
プレーオフ勝者

■グループF
川崎フロンターレ(日本)
蔚山現代(韓国)
メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
プレーオフ勝者

■グループG
広州恒大(中国)
天皇杯優勝チーム(日本)
済州ユナイテッド(韓国)
ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

■グループH
シドニーFC(オーストラリア)
上海申花(中国)
鹿島アントラーズ(日本)

コメントを残す