伊東純也、JリーグMVP・小林悠とのポジション争いに闘志「負けないように頑張りたい」(GOAL)

日本代表に初招集された柏レイソルFW伊東純也が並々ならぬ意気込みを語った。

柏レイソルで圧倒的なスピードでサイドを切り裂く伊東が、念願の代表初招集を果たした。リオ・オリンピック世代でありながら、悔しい選出外。逆境をバネにピッチを縦横無尽に駆け巡った。リオ世代は「あんまり意識してないけど、負けないように頑張りたい」とサバイバルと化す代表での生き残りに闘志を燃やす。

日本代表美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!特別編【46枚】

代表でのプレーも「いつも通りできればいい」と伊東。さらに「(監督には)裏に抜けろとは常に言われてるんで、そういうところで速さを見せられればいい」と、持ち前のスピードを生かした裏への抜け出しを意識。

サイドのポジションとなると、川崎フロンターレの小林悠と重なる可能性がある。小林は今季の明治安田生命J1リーグで優勝した川崎Fにおいて、23ゴールを挙げて得点王に輝き、MVPも獲得。チームの初優勝に大きく貢献した。伊東は小林について「(小林)悠君はMVPと得点王も取ってすごい選手だと思うんですけど、負けないように頑張りたい」と小林の偉業をリスペクトしつつ、定位置争いへ意気込みを見せた。

コメントを残す