勝ち点わずか「2」で敗退のドルトムント…ボス監督「今季のCLには失望」(GOAL)

ドルトムントは、6日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第6節のレアル・マドリー戦で、2-3と敗れた。試合後、ピーター・ボス監督は失望を露わにしている。

美しすぎるサッカー女子たち!日本&海外のかわいい女の子、あなたの好みは?【100枚】

すでに敗退が決まっていたドルトムントは、敵地で2位通過が決定しているレアルと対戦。ドルトムントは、消化試合のためローテーションを採用してきたロス・ブランコス相手に、13分までに2失点を喫する苦しい展開に。前半終了間際と後半開始直後のFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで一時同点に追いつくも、80分に勝ち越し点を決められ万事休す。先発した香川真司にも何度かチャンスが訪れたが、活かすことはできずに敗れている。

これで公式戦8試合未勝利となったドルトムント。ボス監督は、勝ち星を取り戻すことが必要だったとし、敗退を悔やんでいる。

「うまくプレーできない時間が長すぎた。勝利を取り戻すことが重要だったのはわかっている。(9日のブンデスリーガ)ブレーメン戦では勝たなければならない。今季のCLは、我々にとって失望だった」

また、MFヌリ・シャヒンは序盤の2失点を悔やんでいる。

「最悪のスタートだった。その後はチャンスを作れたが、不運にも十分ではなかったね。勝ち点2でヨーロッパリーグヘ行けるのはラッキーだね。だえど、来季は違ったものをみせなけれなならない」

コメントを残す