「アイドル最強になりたい」仮面女子・川村虹花が女子MMA挑戦 殴り合い上等の覚悟(AbemaTIMES)

RIZINでのRENAたちの活躍で日本でも女子MMAが注目される中、12月3日の女子MMAイベントDEEP JEWELSにアイドルが参戦する。仮面女子のメンバー、川村虹花だ。

川村はこの春から練習を開始。9月にはガンバレ☆プロレスでレスラーとしてもデビューしているから、一時期はアイドル活動とプロレスの練習、MMAの練習に同時に取り組んでいたことになる。しかも仮面女子は年間1000本ものライブを行なっているから、かなりハードな生活を送ってきたことは間違いない。ちなみに練習は「週6」でやってきたという。

プロレスの試合でも運送神経のよさ、度胸のよさを見せつけた川村。それはMMAでも活かされそうだ。指導する山崎剛氏曰く「本番で力が出せるタイプ」。公開練習でのミット打ち、スパーリングを見ると、打撃はかなりパワーがありそうだ。

“最強の地下アイドル”を標榜する仮面女子は、さいたまスーパーアリーナでライブを開催したこともある。川村には「アイドル最強になりたいし、格闘家としてもさいたまスーパーアリーナに」という夢があるそうだ。

アイドルが格闘技に挑戦することについて「甘いと言われるかもしれない」と川村。しかし「私は生半可な気持ちではやってないので。アイドルでも闘えるということを見せたいし、強ければ応援してもらえると思います」と決意を語っている。

「試合でアイドルの命である顔を殴られるかもしれないが、もし顔が腫れたら?」という質問に対して、川村は「(仮面女子の衣装である)仮面で隠します」と笑顔で語っている。これはネタというか、「アイドルなのに顔を殴られる」ことについての質問が絶対にあると想定しての、あらかじめ考えていた答えではないか。実は本人は(できればそうなりたくはないだろうが)試合で殴られること、顔が腫れることなどさほど気にしていないのかもしれない。少なくとも、それが嫌なら格闘技に挑戦しようと思わないだろう。

アイドル戦国時代と呼ばれる中で独自の活動を見せ、特異なポジションを築いてきた仮面女子。メンバーは肉体的にも精神的にもタフでなければ務まらないだろうし、それは世間一般で言う“アイドル”のイメージとはまったく違うものだ。

コメントを残す