ブッフォン、勝利必須のCLグループ最終節を欠場か…ユヴェントスは攻守のキーマン欠くことに(GOAL)

グループリーグ突破を賭ける大一番に、ジャンルイジ・ブッフォンとミラレム・ピャニッチが出場できないかもしれない。ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が認めた。

5日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節で、オリンピアコスと激突するユヴェントス。2位とグループ突破圏内ではあるが、3位スポルティング・リスボンとは1ポイント差のため、この試合の結果次第では敗退の可能性もある。

そんな大一番に挑むユーヴェだが、ふくらはぎに違和感のあるブッフォンと、肉離れを起こしたピャニッチが欠場する可能性があるようだ。さらに、ジョルジョ・キエッリーニも欠場することになり、アッレグリ監督は攻守のキーマンを失ってギリシャでの試合を戦うことになる。

アッレグリ監督は「(ゴンサロ)イグアインと(マリオ)マンジュキッチは起用できそうだ。しかし、問題が2つある。それはブッフォンとピャニッチ。ミラレムは肉離れを起こした。ジジはふくらはぎの問題を抱えている。仮に彼がプレーできなかったら(ヴォイチェフ)シュチェスニーを起用する」とメンバーについて言及。

続けて「キエッリーニも欠場するから、マッティオ・デ・シリオとダニエレ・ルガーニを使う。そしてピャニッチも難しければ(クラウディオ)マルキージオ、(ロドリゴ)ベンタンクール、(サミ)ケディラがプレーすることになる」とメンバーを入れ替えることを明かした。

コメントを残す