内田篤人所属ウニオン、衝撃の監督交代を発表…昇格圏との差は僅かながらケラー監督を解任(GOAL)

DF内田篤人が所属するブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンは4日、イェンス・ケラー監督を解任したことを発表した。ウニオンのユースチームを率いていたアンドレ・ホーフシュナイダーがトップチームの指揮を執ることを伝えている。

昨夏にウニオンの監督に就任したケラーは2016-17シーズン、チームを4位(勝ち点60)に導いていた。今シーズンの第16節消化時点にも1部昇格圏とは勝ち点3の差で4位に位置するウニオンだが、直近3試合の成績は1分け2敗と調子を落としていた。クラブ幹部は指揮官の指導に不満を抱いていたようだ。

スポーツ部門を統括するルッツ・ムナックGM(ゼネラルマネジャー)は公式ウェブサイトで「ここ数週間のプレー及び結果は、掲げていた目標、夏のチームづくりで強調されたはずの我々が目指す基準を満たさなかった」と説明。「既存の体制でスポーツパフォーマンスに安定性をもたらせる確信が持てず、すぐ行動に移れるよう決断を下した」と続けた。

コメントを残す