コスタクルタ氏、イグアインの挑発的な態度を問題視「真のリーダーではない」(GOAL)

元イタリア代表のアレッサンドロ・コスタクルタ氏がイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ユヴェントスのFWゴンサロ・イグアインを批判した。

コスタクルタ氏は1日に行われたセリエA第15節ナポリ対ユヴェントス戦(1-0でユヴェントスが勝利)を観戦し、イグアインの振る舞いに疑問を呈した。イグアインは2015-16シーズンまでナポリの絶対的エースに君臨し、チームを勝利に導いてきたが、昨シーズン、イタリア王者ユヴェントスに移籍。熱狂的なナポリサポーターの反感を買った。

イグアインは左手を骨折し、27日に手術を受けたばかりのため、当初1日の試合には先発しない予定となっていた。しかし同ポジションのFWマリオ・マンジュキッチが負傷したため、急遽出場が決まった。サン・パオロのピッチに姿を見せた“裏切り者”のイグアインは、ナポリファンによるヤジの格好の標的となった。ユヴェントスFWもこれに応えるようにウォーミングアップ中や、12分に得点をマークした後に挑発的な態度を見せていた。

コスタクルタはこの態度を問題視し、イグアインがチームの精神的な支柱となることはできないと指摘した。

コメントを残す