闘鶏、ゲーム、ギター…外国人選手オフの多彩な趣味(東スポWeb)

【足で稼いで20年 外国人選手こぼれ話 広瀬真徳】メジャーも日本もこの時期は完全オフ。多くの選手は長期間に及んだシーズンの疲れを癒やしながら、短い自由時間を満喫する。日本人選手なら温泉旅行やゴルフなどが定番だろう。

 ところが、外国人選手に目を向けると少し様相が異なる。オフになると自らの趣味に没頭する選手が多い。私がこれまでに出会った選手の中にもそんな人たちがいる。

 例えばヤンキース一筋で2006年に引退したバーニー・ウィリアムス。彼の趣味は「ギター」だった。現役時代から遠征に持ち歩くほどの愛好家だったため、オフは野球どころか「ギター一色」。自らライブを開催したり音楽関連イベントに参加するなど、ミュージシャンさながらの活動が恒例行事だった。ちなみにバーニーは引退後、その特技を生かしプロデビュー。現在も作曲を含め、音楽活動で非凡な才能を発揮し続けている。

 ダイヤモンドバックス、レッドソックスなどで活躍したカート・シリングのオフは「ゲーム三昧」だった。最多勝2度を含むメジャー通算216勝の大投手だが、オフは自室を中心にゲームに集中。06年には趣味が高じて自らゲーム会社を設立するほどの熱の入れようで、私が当時取材した際にも「野球よりゲームに人生をささげたい」と豪語していた。シリングは引退後、その趣味を追求するあまりゲーム関連に全財産を投入したものの、会社は倒産。以後は極貧生活に陥るなど波瀾万丈の人生を送っている。

 日本に来た助っ人で一風変わった趣味を持っていたのは中日、広島に在籍したエクトル・ルナ。彼は母国ドミニカで盛んな「闘鶏」を好み、中でも自宅近隣にある専用養鶏場で“最強鶏”を飼育することが「オフの楽しみ」と広島時代に語っていた。

「ひと言で育てる、闘わせると言っても、鶏に闘う気持ちを植え付けることは容易ではない。言葉が通じるわけではないから。でも、鳥類も訓練次第で戦闘力や相手を倒す能力を高めることは可能だ。そうやって強化した鶏が真剣勝負をして勝った時の気持ちは何とも言えない。これは野球でも同じ。練習して結果を出した時の達成感は最高だからね。僕にとって闘鶏は闘う本能を呼び起こす趣味であり、自らのモチベーションを高める原点でもあるんだ」(ルナ)

コメントを残す