鎌田大地をフランクフルトSDが高評価。契約延長も示唆「彼はチームの重要な選手」(フットボールチャンネル)

フランクフルトに所属する23歳の鎌田大地に関して、同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるブルーノ・ヒューブナー氏が契約延長の可能性を示唆した。26日にベトナムメディア『bongdaplus』が報じている。

 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへ移籍した鎌田。加入初年度は公式戦4試合の出場にとどまり、2018年8月から1年間はベルギーのシント=トロイデンへレンタル移... 続きを読む

「鎌田大地をフランクフルトSDが高評価。契約延長も示唆「彼はチームの重要な選手」(フットボールチャンネル)」の続きを読む

錦織圭、SNS誹謗中傷問題に啓発ポスターのような3行メッセージを投稿(スポーツ報知)

男子テニスの錦織圭(日清食品)が、27日に更新した自身のインスタグラム(@keinishikori)のストーリーズに... 続きを読む

「錦織圭、SNS誹謗中傷問題に啓発ポスターのような3行メッセージを投稿(スポーツ報知)」の続きを読む

【Bリーグ】仙台が1か月早く練習開始、月野雅人主将「久しぶりに楽しかった」(スポーツ報知)

B2仙台89ersが25日、2020―21シーズンに向けてのチーム練習を開始した。すでに来季の契約合意をした選手6人のうち、帰省中の選手を除く5人の選手が仙台市内の練習場に集まり、シュートやドリブル練習など、約1時間汗を流した。

 新型コロナウイルスの影響で、今季は60試合中47試合の消化でシーズンが終了。2か月間の自粛期間中は、個人練習のみに活動が制限されていただけに、「久しぶりに... 続きを読む

「【Bリーグ】仙台が1か月早く練習開始、月野雅人主将「久しぶりに楽しかった」(スポーツ報知)」の続きを読む

貴景勝、ぶつかり稽古再開…7月場所に向け「精いっぱいやりたい」(スポーツ報知)

出典元:基礎トレーニングに励む貴景勝(日本相撲協会提供)

大相撲の大関・貴景勝(23)=千賀ノ浦=が26日、日本相撲協会を通じて報道陣の質問に回答。春場所で負け越し、東京での特別開催を目指す7月場所(同19日初日・両国国技館)をカド番で迎える中、「気持ちを切り替えてやっています」とコメントした。

 政府の緊急事態宣言が全面解除となり一夜... 続きを読む

「貴景勝、ぶつかり稽古再開…7月場所に向け「精いっぱいやりたい」(スポーツ報知)」の続きを読む

ヤクルト・奥川、捕手座って33球 近日中に打者と対戦予定(サンケイスポーツ)

ヤクルトのD1位・奥川(星稜高)は26日、2軍の埼玉・戸田球場でブルペンに入り、捕手が座った状態でカーブ、スライダーを交えて33球を投げた。高津監督は「そろそろバッターに対して投げます」と、近日中に実戦形式での登板を控えていることを明言。早ければ7月に1軍デビューするプランもある昨夏の甲子園準優勝右腕が、段階を上げている。

「ヤクルト・奥川、捕手座って33球 近日中に打者と対戦予定(サンケイスポーツ)」の続きを読む

【こちら日高支局です・古谷剛彦】史上初の3代ダービー制覇に挑むディープボンド(スポーツ報知)

筆者にとって、41回目のダービーを迎える。まだグレード制はなく、八大競走が真のビッグレースという時代に競馬を見始めただけに、今もなおクラシック、特にダービーへの思いは格別だ。昭和から平成初期までは、ダービー馬になっても、種牡馬苦難の時代だった。しかし、トニービン、ブライアンズタイム、サンデーサイレンスと、大物輸入種牡馬が初年度産駒からダービー馬を輩出すると、その流れは一気に変わった。

続きを読む

「【こちら日高支局です・古谷剛彦】史上初の3代ダービー制覇に挑むディープボンド(スポーツ報知)」の続きを読む

【日本ダービー 故郷からのエール】ガロアクリーク生産の笠松牧場、08年ディープスカイ以来の頂点を心待ち(スポーツ報知)

◆第87回日本ダービー・G1(5月31日・芝2400メートル、東京競馬場)

 3歳馬7262頭のうち、選ばれしものだけが参戦を許される日本ダービー。生産者にとっては出走させるだけでも名誉であり胸躍る大舞台だ。今回、出走馬の故郷から、エールを届ける。

 笠松牧場で皐月賞をテレビ観戦していたスタッフが前のめりになったのは、ガロアクリークが外を一気に伸びてきたゴール前のシーン... 続きを読む

「【日本ダービー 故郷からのエール】ガロアクリーク生産の笠松牧場、08年ディープスカイ以来の頂点を心待ち(スポーツ報知)」の続きを読む

【日本ダービー】レーン騎手、2年連続で参戦 サリオスとコンビで昨年の雪辱だ(スポーツ報知)

出典元:追い切り前日のサリオスは坂路で調整

◆第87回日本ダービー・G1(5月31日・芝2400メートル、東京競馬場)

 2年連続のダービー騎乗となるダミアン・レーン騎手(26)が闘志を燃やしている。昨年は1番人気のサートゥルナーリアに騎乗したが4着。今年は皐月賞2着馬、サリオスとのコンビで頂点を狙う。

 「昨年はチャンス... 続きを読む

「【日本ダービー】レーン騎手、2年連続で参戦 サリオスとコンビで昨年の雪辱だ(スポーツ報知)」の続きを読む

【楽天】則本昂大マル秘新フォーム「高い状態を1年続けるため」(スポーツ報知)

楽天の則本昂大(29)が26日、仙台市内の楽天生命パークで行われた練習後にオンラインで報道陣の取材に応じ、新たな投球フォームの習得に挑戦中であることを明かした。

 ブルペンでの投球練習は非公開のため、新フォームはベールに包まれたまま。本人も修正点などの詳細な説明はしなかったが、変更を決断した理由を問われると「今までは漠然と感覚だけで投げていた部分があった。体の構造や動かし方を自分で理... 続きを読む

「【楽天】則本昂大マル秘新フォーム「高い状態を1年続けるため」(スポーツ報知)」の続きを読む

桐生祥秀、大橋悠依ら95年度世代、13競技22人が「わたしたちとともに…」メッセージ発信(スポーツ報知)

出典元:桐生らが参加した95年度世代のアスリートメッセージ(大庭雅のインスタグラム @miyabi_obaより)

陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)ら1995年度生まれのアスリート22人が26日、SNSで共演した動画を配信。各選手が紙にひらがなで一文字ずつを紹介し「わたしたちとともにあかるいみらいにしていこう(私たちと共に明るい未来にしていこう)」... 続きを読む

「桐生祥秀、大橋悠依ら95年度世代、13競技22人が「わたしたちとともに…」メッセージ発信(スポーツ報知)」の続きを読む